前へ
次へ

金融機関と不動産売却の関係もチェック

不動産売却では良くある話ですが、思ったより安く買い叩かれてしまい、住宅ローンの完済目処が立たないこともあるといいます。不動産売却というのは、諸事情によりどうしても手放す必要になれば、たとえ住宅ローンが残っていても致し方ない手段になります。金融用語でいえば、オーバーローンというケースです。住宅ローンが残っているのに不動産売却ができるのか気になるでしょうが、一般的には、不動産売却した代金でローンを完済することになります。ローンを完済できない状況での不動産売却はできないので、もしも足りないのなら、不足分は貯金や新たにローンなどを組んで工面することになります。不動産売却では、売り出す際の価格、値付けが売却に関わります。しかもなかなか売れないのなら、価格を下げることになります。もちろん、救済処置として任意売却物件とした不動産売却もできます。ちなみに、不動産売却では担当者の腕が良いと早く売れたり、高値で売れることもあるといいます。

Page Top